エギング

久しぶりの坊主エギングで再確認した場所の重要性

9月28日に和歌山の中紀にエギングに行ってきたのですが、タイトル通りの坊主でした(;’∀’)

エギングシーズン最盛期という中での坊主はなかなかのダメージでしたよ・・・

いや~、坊主の後の帰り道ってなんであんなにしんどいんでしょうね~。笑

とはいえ、いつまでもくよくよせずに今回坊主になった原因を探って次回の釣行に繋げていきたいと思います!

当日の状況を辿っていく

  • 釣行場所 和歌山県中紀
  • 天気 晴れ~曇り
  • 潮 小潮
  • 風 風速1~3m
  • 気温 30度程度

いつもは潮のよく動く中潮~大潮周りを狙って釣行することが多いのですが、この日は入りたいポイントがあって小潮を選択。

その理由は、朝マズメと小潮の干潮時間が被る日だったからです。

入りたいポイントが干潮前後しか釣れない磯場だったので、干潮×朝マズメという理想的な展開を狙ったのです。

そして、実際にポイントに入ったのは午前2時半頃。

が、ここで問題が!!

まさかの先行者あり!だったんですね(;’∀’)

エギングシーズンといえど平日だし深夜だし入れるだろう、と考えていたんですが、甘かったようです。笑

少し周辺をウロウロしてなんとか釣れる場所ないかな?と探りましたが、釣り場のスペース的に入る余地はなさそうだったので、仕方なく場所移動を決断。

ここでまず予定が狂いました。笑

頭の中は入りたかったポイントでの攻め方ばかり考えていたので、スポーツで言うと対戦相手が急に変更になった感じでしょうか。

とはいえこれくらいのことは釣りではよく起こること!!

今の時刻は3時半・・・。

次に選択したポイントは、これまた干潮前後しか入れない磯場ポイント。(自分、干潮前後好きだな)

ここは初めて入るポイントだったのですが、岬になっており潮通しは間違いなくよさそうなので釣れると判断。

遠目に見ても人はいなさそうなので意気揚々と、でも足元に注意しながら歩を進めました。

そして難所を乗り越えながら先端付近まで来たのですが!!

なんと、後1時間程で干潮を迎えるというのに、足場になるであろう岩が水没しているではありませんか(;’∀’)

ふっふっふ。

ふっふぁっふぁっふぁ。

この程度の水没が私に通用するとでも!?

様子を見計らって行ってやんよ!

・・・・

・・・・・ザッバーーーーン!

とんでもなく恐ろしい波が降りかかってきました。

いやこれは、死ぬやつ。

海をライトで照らすと、すっごいウネっています。

あっれぇ~?

Windyで風向きや風速を確認した時はウネリなんて出るような感じじゃなかったのに。

あ、もしかして台風が接近してるから海だけウネってるのかな。

荒れ狂う波を目の前にした途端、この日初めての恐怖心が芽生えました。

もしさっき、このウネリに気づかずに無理矢理渡ろうとしていたら・・・

守護霊様、ありがとうございます。

たまに釣り人が亡くなるニュースとか見みるけど、釣りたい一心で無理しちゃったりするんだろうな。

あちき・・・まだ死にたくない!

ということで場所移動!

が、この時点で時刻は4時過ぎ・・・。

で、ですよね仙道先輩。

いつも諦めかけた時に力をくれるのは安西監督と仙道先輩です。

BUT!

これ以上、小潮の干潮で釣れる場所なんて私の小さい脳みそには記憶がありません。

う~む困った。

ウロウロ、ウロウロして時間だけが無駄に過ぎていきます・・・。

そして悩んで最後に入ったポイントは、外洋に面したシモリの多そうなシャローエリア!

朝マズメに1発あるかも?と思いました。

ここまで深夜の徘徊で足腰も疲れ、入れると思った場所に入れず・・・メンタル面はかなりやられていたので、釣り意欲HPはかなり削られていました。

が、ここは踏ん張りどころ!

午前4時半頃にようやく釣りを開始!

まずはエギ王LIVEの赤テープで表層をチェックしていきます。

が、無反応!

おまけにウネリでエギが前後に引っ張られて安定しません。

波で揺さぶられてるからか、たまにエギのカンナにラインが絡まった状態で返ってくる感じです。

むずすぎるぜ。

その後、水深3~4mほどと分かったので、エギ王Kのカクテルオレンジシャロータイプで攻めていると、手前まで来たところでひったくるようなアタリが!

すかさず合わせるも空振り。

それでもイカがいるかも!?ということでやる気は満々に!

が、その後のキャストでカクテルオレンジを痛恨のロス。

ここで私の繊細な心が折れました。笑

もう、帰ろう。

今日は釣りをしてはいけない日なんだ。

釣れなかった原因と対策

  • 有望な実績ポイントに入れなかった
  • ウネリを攻略できなかった

まず実績ポイントに入れなかったのは痛かったですね。

そのポイントに合わせて潮や日程を選んだので、そこが潰れたことで一気に迷走状態に入りました。笑

それに伴い、テンションも下がってしまいました。

いくら和歌山といえど、ポイント選定をミスったり潮に応じた釣りができないと釣果が出にくいと感じるので、もっとポイントの引き出しを多く持っておくべきですね。

次にウネリを攻略できなかったですね。

まだ遠いと思っていた台風の影響がここまであるとは思いませんでした。

この対策としては、台風が近づいている日や海が荒れていそうな日はエギングしない!のが一番かと。

天気予報では大丈夫そうでも、台風接近中は海に行くと案外ウネっていることがあります。

私は基本、エギングの時は晴天で凪の日を選んで釣行するので、海がウネってたりするとアウトなんです。笑

やる気もなくなりますし、どうしたらいいか分からないんですよね。

ウネってる時は堤防の内側がよかったりするのかもしれませんが、今回はそれも試せず終わりました。

SNSなどを見ていると、風が強い状況やウネリのある状況でもバッチリ釣果を出しておられる方がいますが、心の底からすごいと思います。

でもエギング初心者の諸君は絶対に真似をしてはいけませんよ!

大人しく晴天で風のない日を選んで釣行しましょう!

エギングでアオリイカが釣れない人が1日で結果を出す方法 私は初めてアオリイカを釣り上げるまでに2年かかりました。 その間の釣行は4日ほどで、全て夕方から翌朝までシャクリ続けました。お陰...

まとめ

秋のエギング最盛期で、しかもアオリイカの魚影が濃いと言われている和歌山で坊主でした。

ここから分かることは、いくらエギングシーズンであったり場所がよくても、状況によっては全く釣れない日もあるということです。

私は過去に何度も経験しています。笑

もちろん、自分の腕が未熟なのも原因の一つです。

ただ、エギングで一番重要なのは場所(ポイント)で、次に風のある無しや潮のタイミングですね。

これはエギングに限ったことではありませんが。

おそらく、みんながSNSなどで見ている凄腕エギンガーも坊主の日だってあるはずです!

なので元気を出して1杯釣れたらいいや~くらいの感覚でいきましょ~^^

そういう力の抜けてる時ほど爆釣したりするものですしね!笑

ということで、この記事を書いて元気が出てきたので来週は癒しのアジングにでも行きたいと思います!

それでは、良いフィッシングライフを(^O^)/

エギングは難しいという思い込みを捨てよ!コツが分かれば簡単に釣れる エギングが難しいものだと思っていませんか? もしそうなら、今すぐその思い込みを捨てた方が釣れるようになるかもしれません。 ...
10月16日 新月大潮の曇り空エギングin広島 釣行日 2020/10/16釣行場所 広島大潮 満潮 23時02分 干潮 17時05分月 新月天気 曇り後雨 風速 2~5m程度最高気...
釣ったアオリイカの一夜干しが想像以上においしかった件 ごきげんうるわしゅう。 つい先日、12月のエギングで見事にアオリイカを釣り上げる事に成功した私は、その浮かれた気持ちのままアオリ...

ABOUT ME
孤独な釣り人
1人をこよなく愛する孤独な釣り人です。 基本釣りには一人で行き、一人で楽しんでいます。 自分が良いと感じたものを紹介したり、語ったりするスタンスです。