淡路島の釣り

3月2日 砂浜サーフで良型メバル捕獲!プラッギングも楽しむ

  • 釣行日 2022/3/2
  • 場所 淡路島
  • 大潮 満潮 18時09分 干潮 0時57分
  • 天気 晴れ
  • 風速 1~5m程度
  • 最高気温 13度

前日に引き続き、2日連続でのメバリング釣行です。

同じ場所で連日釣りをすることによって見えてくるものがあるのではないかと思い、徹底的に釣りをしてきました!

天候的には雨の次の日という状況ですね。

この日は昨日ほど数釣りはできなかったものの、良型メバルに出会うことができました^^

当日の天気

3月2日は最高気温10度、最低気温6度とありますが、曇り空の中に時々晴れ間が現れるような天候でした。

海中に手を入れてみると、キンキンに冷えており、1か月遅れで水温が変化すると言われている海は今が一番冷たい時期なのではないかと思います。

シャローマジック60で良型メバルHIT!

前日は夕マズメにテトラ帯へ入って1匹のみといまいちな結果だったので、この日は夕マズメの18時半頃から磯場へINしました。

前日はフロート・ジグ単でメバルを釣ることができたので、プラグでも釣りたい!と思いプラッギングからスタート!

まずはメバルがよく釣れると有名なSPM55からやってみます。

キャストし、すぐにゆっくりとただ巻き。

が、無反応。

その後、5秒数えてただ巻きをしたり、ボトム付近を狙ったりしてみますが釣れる気配がありません。

そこで、2年前に購入して以来、未だメバルを釣っていないシャローマジック60を試してみます。

過去にシャローマジック50ではメバルが連発した良い思い出があり、釣れるプラグという印象を植え付けられたシャローマジック。

シャローマジックはとにかくゆっくりと巻くのが効果的というイメージなので、フルキャスト後、ノーマルギアを3秒に1回転ほどで巻いていきます。

潮は満潮前後で程よく動いており、潮の重みを感じることができます。

が、そうそう簡単にはHITしてくれません(;’∀’)

BUT!

焦らずにとにかく丁寧な釣りを心がけます。

沖の沈み根付近を通してみたり、少し巻くのを止めてみたりします。

そうこうしていると、潮の流れが速くなってきました。

払い出しの潮が流れている中、右斜め前へキャストし、潮の重みを感じながら超スローリトリーブで巻いていきます。

おそらく、水面下50㎝くらいを泳いでいる感じです。

すると、ココココッ!というワームとは違ったプルプルするアタリを感知!

すぐには合わせず、ティップが絞り込まれたところで合わせを入れるとジリジリー!と軽め設定のドラグが出ます。

キタ~(^O^)/

そのまま一定の速度で巻き上げてソイヤッ

19時15分

少し痩せぎみですが、24㎝ほどの良型です^^

いや~、嬉しい!!プラグで釣ると何でこんなに嬉しいのか。

フロントフックが口に入っているので、後ろから追いかけて食ったというより、下から突き上げてきた感じですかね?

うまいことリアフックも掛かっていて良かったです!

シャローマジック60ってメバル用プラグとしては大きい方だと思うのですが、噂通り大きくても釣れるんですね!

その後、連発を期待しましたが数は入っていないようで反応がないため、移動することに。

砂浜サーフで大型メバルの引きを堪能

やって来たのは前日に良型メバルが連発したサーフポイント。

タイミング的にも満潮から下げに入っており、条件面は前日とほぼ同じ。

釣れないわけがない!はず・・・。

仕掛けはフロートリグ+リーダー80㎝+ジグヘッドはメバスタ0.4g+ワームはグラスミノーS

まんま前日と一緒!笑

同じ場所、同じ潮、同じ仕掛け・・・さぁ、メバルよ出てこいやぁ。

1投目!

沈黙。

2投目!

沈黙。

3投目!

沈黙。

(^-^;

いや~、メバルという魚は本当に奥が深いですな。笑

釣れたポイントを打ちまくるも、全くの無反応です。

1日でこんなにも状況が変わるものなのか。

こうなれば、とにかく丁寧に沈み根を狙っていくしかない!

と思い、スローリトリーブで丁寧に探っていきます。

何の変哲もない釣り場なら飽きてくるところですが、沈み根を狙うという目的があることで集中力は不思議と途切れていません!

そうこうしていると、実績のあるコースでググッ!と引っ張られるアタリが!

でもすぐに分かった。

これはフグだ。

ということで、スルーしてそのまま巻いていると、コンッ!という僅かなアタリが!

合わせるとギューンッ!とロッドが絞り込まれドラグもジジッと唸りをあげます!

なんかデカイのきた!!

とりあえずメバルと想定して根に潜られないようにゴリ巻き!

その間もロッドがグングンと引っ張られます。

明らかに前日釣った24㎝クラスよりも強い引きです。

楽しいけどバレんといて~!

そのまま最後まで抵抗する魚をなんとか波打ち際まで寄せ、そのままズリ上げ!

21時34分

27㎝くらいありそうな良型シロメバルです!

すでに回復してきているのか、ムキムキマッチョの男前メバルです。

気になるサイズは、

26㎝!

シロメバルの自己記録は25.5㎝だったので、記録更新です(^O^)/

にしても、この強烈な引きで26㎝って!おったまげ~。

ワームはグラスミノーS

遠投先で掛けるフロートメバリングだと、メバルの可動域が広いからかメバルが動き回りますし引き味も強く感じますね!

サーフメバリングハマりそうです!

もしかして今から時合!?と期待しましたが、サーフではこれ1匹で終了しました(^-^;

闇磯で単発HIT

休憩後、深夜にやってきたのは前日に釣果のあった磯場です。

深夜3時半頃にポイントに入り、満ち上げを狙っていきます。

釣り場の状況は干潮からの上げ潮が効きだしており、雰囲気はムンムン。

さっそくフロートで広範囲に探っていきます。

すると一投目で、ゴンッ!

前日に根に潜られた苦い記憶を思い出し、ゴリ巻きしてソイヤッ

21㎝くらいのブルーバック?

このサイズでもよく引くので本当に楽しいですメバリング^^

その後、連発はしないもののキャスト→リール2~3秒に1回転のスローリトリーブで単発HIT

一番大きいサイズで23㎝ほどでした。

この磯ではいい流れができた時には潮に着いているブルーバックが釣れたり、海草・岩の際を通すとシロメバルが釣れる状況です。

ただ、連発するのはタイミングが大切という印象で、その時間にポイントに入らなければ長時間アタリすらないという状況もありえる感じです(^-^;

時合のハッキリした磯場って感じですね~!

引き続き朝マズメまで粘ろうとも思いましたが、ここでは25㎝以上が出なさそうなので、デカメバルが釣れたサーフに再び移動することに。

再びサーフに入るも不発

潮の状況的には満ち上げでよく動いており、風も吹いてはいますが何とか釣りはできるレベルです。

これは・・・朝マズメに向けてメバルの活性が上がれば連発するのでは!?と胸を躍らせるボク。

BUT!

結果的には全く釣れませんでした(-_-;)

条件的にはかなり良さそうなのに、サーフは朝マズメは微妙なのかな?

それとも、満ち上げより下げ潮が良いのか?

まだまだ検証が必要そうです!

釣果

  • メバル 21~26㎝ 5匹

この日は前日とは打って変わって連発はしなかったものの、プラグで釣ることができ、ナイスサイズも出てくれて満足の釣行となりました!

サーフは日によって当たり外れがありそうですが、磯は前日と同じように安定して釣れたと思います。

ワームはこの日もグラスミノーSのみを使用しました!

ワームのサイズが大きめだからかデカメバルが釣れやすい気がします。

それでは、良いフィッシングライフを(^O^)/

  • タックルデータ(フロート)
  • ロッド 月下美人アジング80ML‐T
  • リール 21カルディアLT2500‐XH
  • ライン ソルティメイトスモールゲームPE‐HG 0.5号
  • リーダー ヤマトヨテグスフロロ 1.5号
  • ジグヘッド メバスタ0.4g
  • フロート 自作

  • タックルデータ(ジグ単・プラグ)
  • ロッド 20月下美人74UL-S
  • リール 21カルディアFC LT2500S
  • ライン 月下美人月ノ響 0.3号
  • リーダー ヤマトヨテグスフロロ 1.5号
  • ジグヘッド メバスタ1g
  • プラグ シャローマジック60
3月1日 雨の後でも表層でメバリング!意外と高活性!? 釣行日 2022/3/1 場所 淡路島 大潮 満潮 17時21分 干潮 0時21分 天気 雨のち曇り 風速 ...
地磯メバルのポイント選びと必要なタックルや道具 メバル釣りを始めてそれなりに経験も積み、そろそろ地磯に挑戦したいと思ったものの、最初はどんな場所が釣れるポイントなのか判別しづらいと思...
21フリームスと21カルディアで悩みまくった結果、カルディアを選択【比較】 これまでフロートアジング・メバリングに使用していた18フリームスLT2500S-XHのコツコツ感・ゴリ感が強くなってきたのでリールを新...

ABOUT ME
孤独な釣り人
1人をこよなく愛する孤独な釣り人です。 基本釣りには一人で行き、一人で楽しんでいます。 自分が良いと感じたものを紹介したり、語ったりするスタンスです。