メバリング

アジング・メバリング・エギングの中で一番簡単な釣りはこれだ!

こんにちは^^

ライトソルトフィッシングで人気の「アジング・メバリング・エギング」の3種の釣りですが、どれが一番簡単な釣りか考えたことはありませんか?

私は仕事が暇すぎて、そんな誰得?なことばかりを考えています。笑

それで、どれが一番簡単な釣りか考えた結果、「アジング」だろうという結論に至りました!

理由は今から述べていきますが、アジング>メバリング>エギングの順番で難易度が変わり、エギングが一番難しいと個人的には思います。

※アジング・メバリングは同じジグ単という条件で、初心者の人が最初の1匹を釣るまでの難易度で考えました。

アジングが簡単な理由

アジングが簡単な理由ですが、ずばり「棚を調整する必要がないから」です。

いや、そういうと語弊があるかもしれませんね。

実際にはアジングでも棚を調整する必要があると思いますが、アジの活性が超絶高い場合はどうでしょうか?

アジンガーの皆さんならご経験があるかと思いますが、アジが群れまくってる所にジグ単にワームを付けたものを投げた場合・・・

何もしなくてもアジが掛かります。笑

例えるならサビキ釣りみたいなもので、投げ入れるとオートフッキングヒーハー!ですよ!

実際、私もオートフッキングヒーハーには何度か遭遇したことがあり、アジが狂喜乱舞する姿を目撃したこともあります。

これが、メバリングやエギングで起こりえるでしょうか?

いや、メバリングなら常夜灯下でプラグ放り込んだらすぐにアタックしてくることがあるかもしれませんが、それでも1キャスト1ヒットがひたすら続くような状況は滅多に無いと思います。

ましてやエギングなら尚更そんな状況は少ないと思います。笑

それに、アジはメバルやアオリイカと違って個体の生息数が圧倒的に多いので、群れの数が違います。

だから釣れる時は半端なく釣れますよね!

もちろん、アジングは尺アジやギガアジを狙おうと思ったら極端に難易度が上がり、ゲーム性が非常に高く超面白い釣りだと感じます。

ただ、初心者の人が最初の1匹を釣ると考えた場合、アジングは他の釣りに比べて難易度が低い釣りだと思います。

メバリングが少し難しい理由

メバリングが少し難しい理由ですが、「棚を調整する必要があるから」です。

メバルは棚を釣れ!とも言われるくらい棚(階層)が重要な魚で、棚が合っていないと全く釣れないということも珍しくありません。

私は小学生の頃、延べ竿探り釣りで人生初のメバル釣りをしたのですが、いまいち表層で釣れるというイメージが湧かず、底ばかり狙っていた結果、釣れるのはカサゴばかりでした。笑

BUT!隣にいた父は表層でメバルをバンバン釣っていました。

メバル釣りの巨匠、加来匠さんも「棚が数センチ違うだけで食ってこない」とおっしゃっていましたが、数センチは実感したことないですが、その通りなんだと思います。

いや、棚なんて調整しなくても投げて巻くだけで食ってくる時あるよ?

と言われると、確かにその通りで、春の最盛期なんかだと投げて巻くだけで釣れる状況があります。

特に朝マズメは、エロいことばっかり考えていても、1キャスト1ヒットのお祭り騒ぎになることもありますね。

ただ、アジと比較した場合、メバルの方が棚にシビアな魚で、なおかつ個体数も少ないため、そういったお祭り騒ぎになることが少ないように感じます。

それらを勘案した結果、アジングよりは難易度が高いだろうということで、2番目に簡単な釣りはメバリングだろう!と考えた次第であります。

エギングが難しい理由

エギングが一番難しい理由ですが、「待ち時間が長いから」です。

エギングはフォールが命!と言われるくらいフォールを重要視した釣りなので、とにかく待ってる時間が長いです。笑

しかし、それこそがエギングの罠で、初心者を苦しめる結果になります。

どういうことかと言うと、初心者のうちはフォールが大事!と言われていても、いまいちその重要性が分からず、ロッドに無駄な操作を加えがちだからです。

フォールの時間を丁寧に待てないんですね。

人間というのは、何か動かしている方が「釣っている感」を感じることができて落ち着くものなんです。たぶん。

だから、フォール中にアオリイカが抱いてくる、という知識は持っていても、実際に釣りを行うとシャクリの回数が増えてしまう傾向にあると思います。

なんせ、自分がそうでしたから。笑

この辺の、「知識は持っていても実際に釣ることの難しさ」がアジングやメバリングと比較した場合に、エギングの方が高いと感じるんですね。

さらには、個体数においてもアジやメバルより少ないと感じるため、うまくポイントを選べなければ坊主、という辛さを圧倒的に多く味わう釣りとなります。

スレた堤防などでは特に坊主率が跳ね上がるので、初心者の人は坊主覚悟でエギングに臨まないと、涙が枯れるまで泣くことになります。

エギングは、その「釣り方の難しさ+個体数の少なさ」のハードルが高いため、初心者の人は最初の1杯を釣り上げるのが1番大変な釣りと言えるのではないでしょうか。

まとめ

アジング・メバリング・エギングの中でどれが一番簡単or難しいか考えた結果、アジングが一番簡単で、エギングが一番難しいと思う!って内容でした。

誰が興味あんねん!

な内容でしたが、私がこの記事でお伝えしたかったことは、

何でも良いからライトソルトフィッシングを始めたい!という初心者の方は、アジングから始めてみてはどうですか

ということです!笑

それでは、また誰も興味が沸かないような記事を書きたいと思います!

釣りが最強の趣味である5つの理由 いきなりですが、釣りってどう考えても最強の趣味だよなぁと思っています。 その理由はたくさんあるのですが、今回は主にお金とリフレッ...
エギングでアオリイカが釣れない人が1日で結果を出す方法 私は初めてアオリイカを釣り上げるまでに2年かかりました。 その間の釣行は4日ほどで、全て夕方から翌朝までシャクリ続けました。お陰...
メクリアジ爆釣 ~淡路島後編~ おっしゃ~!ツバス祭りの開幕や~!! と、意気込んでジグをキャストすると、今度は沖の方ですぐに反応がありました。 1発目の...

それでは、良いフィッシングライフを(^O^)/

ABOUT ME
孤独な釣り人
1人をこよなく愛する孤独な釣り人です。 基本釣りには一人で行き、一人で楽しんでいます。 自分が良いと感じたものを紹介したり、語ったりするスタンスです。