淡路島の釣り

10月27日 淡路島で尺アジ4連発!良型アオリイカもきたよっ

  • 釣行日 2022/10/27
  • 場所 淡路島
  • 中潮 満潮 19時39分 干潮 14時08分
  • 天気 晴れ
  • 風速 0~1m程度
  • 最高気温 19度

今年はまだ500g以上のアオリイカを釣っていないので、なんとか1杯釣りたくて淡路島へシャクりに行くことに。

和歌山と迷ったのですが、実績のない淡路島で良型が釣りたいのです!

ただ一応、念の為・・・イカが釣れなかった時のためにアジングタックルも用意していったのですが、これが思わぬ好釣果をもたらすことになりました^^

当日の天気

ここ数日は晴天が続いており、日中は半袖でもいけるくらいの天候ですね!

秋が深まるにつれてアオリイカも釣れにくくなってきてはいますが、釣れればそれなりのサイズが見込める晩秋!

エギング初心者でも釣れれば500g以上がありえる夢のある時期なのです!

回遊の良型アオリHIT!

時刻は16時半。

今回選んだポイントは、アジ・メバルの実績があるテトラ帯の水深1~3mのシャローエリアです。

外洋に面した潮通しの良さと、メバルが釣れる場所にはアオリイカも回遊してくるという過去の経験を信じて選びました!

とはいえ本当にアオリイカは回遊してくるのか。

半信半疑のまま、エギングタックルを用意して釣りを開始します。

まずはノーマルのエギをキャストしてみますが、潮の流れがある中でも9秒数えたら着底するくらいの水深なので、水深2~2.5m程度と予想。

これではフォール時間が短すぎると感じ、すぐにエギ王Kのブルーポーション3号シャロータイプに変更します。

これでエギのフォールを12秒ほどアオリイカに見せることができそうです。

手前は根が荒く根がかり率が高そうなので、沖へキャストして3分の1くらいまで近づいてきたら回収するイメージでやることに。

ということで斜め右へフルキャストし、着底後にシャクリを3回入れていきます。

潮は右から左へ程よく流れており、エギへの抵抗も感じるほどです。

そんな感じで海の状況を感じながらフォール時間を待っていると、グインッ!とティップが激しく引っ張られました!

いきなり!?

反射的に合わせると、掛かりました!

ん?アオリイカにしては引かないな~?なんて思いながらも、テンションが抜けないように一定速度でリールを巻いていきます。

すると、少し巻いたところで突然強烈な引きとともに緩めのドラグがジージー唸りだしました!

この引き方はイカだ!

慎重にやり取りし、浮いて来た魚影を見ると明らかに500g以上ありそうな良型です!

掛かっている場所は・・・ゲソ1本!

これは絶対にバラしたくないッ

テトラ帯なので足場の悪さにヒヤヒヤしつつも障害物をかわしながら足元まで寄せてきて、ゲソにしっかりとフッキングしていることを確認してエギを掴んで持ち上げます!

16時48分 エギ王Kブルーポーション3号シャロー

胴長24㎝のナイスサイズです!これは嬉しい!!

久しぶりにアドレナリンの出るイカバトルでした^^

この後、重量を測ってみると、

650gと今シーズン最大サイズでした!

狙い通りのポイントで目標を達成できた満足感にしばしの間浸り、その後は夕まずめに備えてシャクっていきます。

が、まさかの夕まずめは不発・・・!

たまたま満ち潮のイカの回遊に当たっただけだったのか、ラッキーな1杯だったようです。

メバルを探すも見つからず

完全に日が落ちてからは、イカ狙いを止めて少し時期が早い気もしますが、メバルを探してみることに。

ただ、昨年は11月初旬には釣れ始めていたので、早すぎるということはないような気もするのです!

そんなメバル探しのポイントに選んだのは、実績のある闇磯です。

昨年の12月初めに24・5㎝までの良型が数釣れたところですね。

仕掛けはFシステムで、ワームは信頼と実績のメタボブリリアント1.5インチで探っていきます。

BUT!

角度を変えて障害物周りも攻めてみますが、全くアタりません・・・。

釣れ始めている場所はあると思うのですが、このポイントはまだ早かったようで12月頃までお預けのようです。

怒涛の尺アジ4連発!

メバルが空振りに終わりご飯休憩にしようかと思いましたが、一瞬満潮前ならあのポイントでアジが釣れるかも?という考えがよぎりました。

ご飯より釣りを優先してしまうのは釣り人あるあるなんでしょう!

ということでやってきたのは、初めにアオリイカが釣れたポイント!

メバリングに使用したFシステムはそのままで、ワームだけ変更して探っていきます。

リーダーはフロロの1.5号を1m取り、ワームはアジマストの2.4インチと大きめでスタートです。(夕暮れ前に小魚が岸際でピチャピチャしていたので、それを追っているアジがいるかもと考えて大きめチョイス)

水深は2m程度なので、中層~底付近を漂わせるイメージでやってみます。

キャストすると、夕暮れ前のエギングの時よりも潮が速くなっており、右へキャストすると回収時点ではやや左から返ってくるくらいです。

ただ、肝心の魚がいなければ潮が効いていても釣れないのでどうかな?と思いながら扇状に探っていきます。

まずはキャスト後、何もせず潮に流す釣り(ドリフト)で潮に馴染ませながら魚がいる場所に到達した時点で食わせる作戦に!

BUT!

魚がいる時はこの釣り方で釣れることが多いのですが、無反応です。

ん~、いないのか。

数回キャストしても反応がないので、次はメバリングのようにゆっくりとリールをただ巻きしていきます。

3~4秒に1回転くらいですね。

すると、ちょうど潮が巻いてベイトが溜まっていそうなあたりに到達した瞬間、モゾッ!という違和感を感知!

ひと呼吸おいて合わせてみると、ズシッとロッドに重みが乗りました。

何か来た!!

メバルかもしれないので、根に潜られないようにロッドを立てて巻いていきますが、グイグイと力強い引きで時折ドラグをジリッと言わせながら突っ込んでいきます!

これはええサイズのメバルじゃないか!?

魚の姿を想像してワクワクしながら慎重に寄せ、近くまで寄ったところでライトで照らすとそこには銀色の魚影が!

アジだ!

しかもでかい!!

これは絶対に逃すまいと、ウェーダーを着込んでいたので、潮の満ちている足元にジャバジャバと降り立ち、ロッドを立ててアジを抜き上げ、ラインを手づかみして一気に安全な場所へ持って行きます!

自分ってこんなにテキパキ動けるんだな・・・火事場のくそ力とでも言いましょうか、こんな時なのに妙に冷静に無駄な動き一つなくアジをキャッチすることに成功しました。

改めて魚体を見てみると、やっぱりでかい!

30㎝のバッカンに斜めでようやく入る長さなので、何センチあるのかと測ってみると、

堂々の31㎝!尺越えです!

これまでに30㎝のアジは釣ったことがあったのですが、31㎝は自己記録なのです!

しかも、尺クラスを釣ったのは数年ぶりなので嬉しさと驚きで一人で叫んでいましたw

とはいえ、今はおそらく時合!

長く感情に浸ってもいられません。

ということで、すぐにさっきと同じ場所へキャストし、潮に流しながらただ巻きで誘っていきます。

すると、またもや同じスポットでモゾッ!

合わせると、これも重量感のある強い引きです!

巻ながらヘッドライトを付けてテトラ帯の障害物をかわしながら・・・抜き上げ!

っと、スポンと抜けて海へポチャンしてしまいました!

が!なんとも今日はことごとく運がいいらしく、海中に手を突っ込み泳ぎ始めたアジを右手でキャッチすることに成功!

暴れるアジを手のひらがズタボロになりながらも必死で掴み離さない私。

我ながらなんたる執着でしょうか。

いや、数年ぶりの尺アジともなればこのような暴挙に出るのも仕方がありませんでしょう。

そうしてなんとか取り込み成功!

首を折って血抜きをし、すぐに釣りを再開します。

すると、またもや同じスポットでゴンッ!

合わせるとこれまた大きくしなります!

これは楽しすぎる!

3匹目ともなると慣れたもので、すでに把握している障害物の位置を考え効率よくかわしていきキャッチ成功!

そしてすぐに次のキャストへ移行し、今度は時間短縮のためにフルキャストはせず、釣れているスポットの少し沖くらいへキャストして誘っていくことに。

すると、モゾッ

4連発デカアジのHITに興奮しながら巻き上げ、もはや慣れた手つきで抜き上げます!

フックはメバリング用のメバスタS0.4gですが、しっかりと上顎に貫通してくれています。

ただ巻きという意味では、この流線型のジグヘッドが綺麗に水平移動してくれて良かったのかもしれません。

この後、さらなる連発を狙いましたがデカアジの群れは去ってしまったようで、約10分程度の時合でした!

ただ、もう少し早くポイントINしていれば数が伸ばせたかもしれません。

にしても、尺クラスともなると体高と幅、引き味が20㎝中盤クラスとは段違いですね(;’∀’)

尺アジのHITワーム

今回尺アジが釣れたワームは、アジマスト2.4インチの「クリアピンクグロウ」でした。

常夜灯のない闇ポイントだったからか、グロウ系のワームがアピール力が高くて好反応だったように感じます。

夜に海面をライトで照らすとピチャピチャと小魚が跳ねていたので、魚種までは分かりませんでしたが、そういった小魚を狙って浅いところまでアジが入ってきていたのだと思います。

それなら、小魚とシルエットが似ている大きめのワームに好反応だったのも頷けます。

また、アクションはただ巻きに好反応だったので、これも小魚と同じように動きのあるものに反応していたのかもしれません。

釣果

  • アオリイカ 650g 1杯
  • マアジ 30~31㎝ 4匹

目標としていた500g以上のアオリイカと、想定外だった尺超えアジまで釣れて出来過ぎな釣行となりました^^

昨年は12月初めまで淡路島でアジが釣れていたので、今年もまだまだ尺アジチャンスがありそうです!

私も後1回はアジ狙いで行きたいと思います!

それでは、良いフィッシングライフを(^O^)/

・タックルデータ

  • エギング
  • ロッド DAIWA エギングX83M
  • リール 17セオリー 2508PE-H
  • ライン よつあみ(YGK) ライン XBRAID UPGRADE X8 0.6号
  • リーダー シーガーグランドマックスFX 2.5号
  • エギ エギ王K

  • アジング
  • 月下美人 80ML-T
  • リール 21カルディア2500S-XH
  • ジグヘッド メバスタ0.4g
  • ワーム アジマスト2.4インチ
  • リーダー ヤマトヨテグス1.5号
  • フロート 自作の10g

11月2日 淡路島のメバルが始まったようです 釣行日 2021/11/2場所 淡路島中潮 満潮 17時01分 干潮 23時05分天気 晴れ 風速 1~3m程度最高気温 22度 ...
12月2日 淡路島で産卵期突入のメバルとアジを1本のロッドで釣る! 釣行日 2021/12/2場所 淡路島中潮 満潮 16時41分 干潮 23時23分天気 晴れ 風速 1~2m程度最高気温 9度 ...
ABOUT ME
孤独な釣り人
1人をこよなく愛する孤独な釣り人です。 基本釣りには一人で行き、一人で楽しんでいます。 自分が良いと感じたものを紹介したり、語ったりするスタンスです。