釣りコラム

釣りが最強の趣味である5つの理由

いきなりですが、釣りってどう考えても最強の趣味だよなぁと思っています。

その理由はたくさんあるのですが、今回は主にお金とリフレッシュという観点から釣りが最強の趣味であるという理由を5つに絞ってみたので、暇つぶしにでもご覧ください^^

実は釣りはお金がかからない

釣りって食費の節約になるんですよね!

もちろん、釣れなければ食費も何もないのですが、たくさん釣れた時は冷凍しておけば長期間我々の胃袋を満たしてくれます。

前に、ゴルフが趣味の友人と、釣りかゴルフどっちがお金かからない趣味か論争をしたことがあります。

友人の言い分では、ゴルフはお金がかかるけど、釣りも交通費やエサ代、竿やリールなどの釣り具にお金がかかるだろう!という事でした。

確かにそうです。釣りも釣り具にこだわればお金がかかりますし、狙いの魚を釣ろうと遠征した時は交通費もばかになりません。

ですが、例えば交通費が往復2万円かかる場所へ釣りに行ったとしましょう!狙いの魚種はマアジとします。

そして、遠征先で20㎝を超えるマアジが50匹釣れたとします。

スーパーで売っているマアジは大体1匹200円前後が多いようなので、200×50=10000。という事で、1万円分のマアジを釣った事になります。

つまり、交通費の半分は釣った分のマアジを全て食べきる事で節約できるわけなんです!(驚愕)

しかも、マアジって新鮮な物はスーパーの物と比べ物にならないくらい美味しいですからね!

これなんて、今年の4月に淡路島で釣れたアジを刺身にした物ですが、見てくださいこの脂のノリ。とろけましたよ!

これは・・・ゴルフが趣味の友人には申し訳ないですが、釣りが最強の趣味と言わざる負えないでしょう。

ちなみに、アジ50匹くらいなら釣れる時は普通にありますからね!

良い釣り具を揃え始めるとお金が掛かるようになります。あしからず!

高級魚が安く食べれる

これですよ!

釣りが最強である2つ目の理由は!

例えば、高級魚と言われているカサゴってスーパーで500円くらいしますよね。これは結構買うのに躊躇してしまうと思います。

ですが、カサゴなんて専門で狙えば10匹くらいは釣れてしまう魚ですから、単純計算で5000円分くらいは釣れちゃうんです!

そして、カサゴを狙っているとたまに釣れるのがキジハタ(アコウ)というお魚

キジハタ(雉羽太、学名:Epinephelus akaara )は、スズキ目・スズキ亜目・ハタ科・ハタ亜科に分類される魚。日本から中国沿岸の温暖な海域に分布する魚で、高級食材として扱われる。

Wikipediaより引用

こちらは言わずと知れた高級魚ですね!

1㎏までのサイズで大体3000円~5000円ほどになるようですので、まぁ普通に生活してたら食べれませんよね!

他にも、1㎏3000円程度のアオリイカもエギングという釣り方で堤防などから釣れます。アオリイカなんて、旅館のお刺身に出てくるような高級イカですから、すごいお得感ありますよ!

安く高級魚が食べれる事もある釣りという趣味・・・最強に違いありません!

1人でも楽しめる

3つ目の理由がこれです。

釣りは1人でも楽しめる趣味なんです!

同じアウトドアのゴルフやキャンプだと、1人でも出来るかもしれませんが、「楽しむ」という点においては話し相手がいた方が良い趣味なのではないでしょうか?

もちろん、中にはバイキングの西村さんみたいにキャンプを1人で楽しんでいる強者もいるかもしれませんが・・・。

しかし、釣りは基本的に話し相手がいなくても楽しめます。

いえ!むしろ1人の方が楽しいくらいです。

その理由は、決断する事が多いからだと思っています。

例えば、1か所目で釣れない時などに1人であればサッと移動を決断できますが、複数人だと粘りたい人もいるかもしれないので気軽に移動する事ができなかったりします

釣りは釣れない場合は移動した方が良い場合もありますし、粘った方が良い場合もあるので意見にすれ違いが生じやすいです。

ですので、魚を釣る事が目的であればあるほど、1人の方が身軽で気楽に行動できるんです。

例え移動先で釣れなかったとしても、自分で決断した事なので反省こそすれど納得できるんですよね。

逆に、「あそこなら釣れそう!」という場所に車を走らせて狙いの魚が釣れた時の喜びは、まるで宝物でも見つけたかのような感覚になります。

ここまで1人で楽しめる趣味って、アウトドアではなかなか無いのではないでしょうか?

無心になれる

無い心と書いて無心。

無心とは、

「心のないこと」で,「無心に遊ぶ」という場合には,無邪気なことを意味し,「無心する」という場合には,遠慮せず物品金銭をねだることを意味する。

コトバンクより引用

まさに釣りは無心になれる趣味です。

特に無心になれるのは魚が入れ食いになっている時ですね! 仕事の事なんて忘れていますし、魚を釣る事だけを考えています。

気が付けば8時間経過していた・・・なんてことも珍しくありません。

逆に釣れていない時でも、どんな仕掛けに変えようか、どの場所にキャストしようか・・・など常に思考を巡らせているので無心になっています。

説明が難しいのですが、思考は巡っているんだけど心は無心という状態です。

無心になれると

  • 普段の生活を忘れてリフレッシュできる
  • ストレス発散になる
  • 心がリセットされる

など精神面での良い事がたくさんあります。

ただ、あまりにも釣れなさすぎると逆にストレスになる事もあるのでご注意ください(笑)

でも、世界的野球選手のイチローは言っていました。ストレスの無い事は楽しくない、と。

2度楽しめる

釣りが最強の趣味である一番の理由はこれだと思っています。2度楽しめる!

どういう事かというと、1度目の楽しみは釣っている時

2度目の楽しみは家に帰って美味しい魚を食す時です。

このように、1日で2度楽しめる趣味はなかなかないのではないでしょうか?

私は、美味しい魚やイカが釣れた時は、「どんな料理にしようかな、刺身か漬け丼かなめろうもいいな・・・一夜干しもありか・・・」なんてワクワクしながら帰ります。

そして、いざ家に帰ると2度目の楽しみが訪れます。

釣り上げて数時間しか経過していない新鮮な魚やイカを食べる時の美味しさと言ったら、たまりません!まさに至福の時ですね。

釣りたてならではのコリッコリの食感のお魚、ねっとり甘いアオリイカ、はたまた2日程寝かせた熟成キジハタなど、釣った魚の食し方まで楽しめてしまうのが釣りなんですね。

釣った満足感だけではなく、胃袋まで満たしてくれるのが釣りという趣味なんです!

まとめ

いかがだったでしょうか?

  • 食費の節約になる
  • 高級魚が安く食べれる
  • 1人でも楽しめる
  • 無心になれる
  • 2度楽しめる

以上の5つの理由があるので、釣りが最強の趣味だ!という持論でした。

ストレス社会と言われている昨今ですが、大自然と触れ合うことの出来る釣りという趣味はきっと貴方の心を癒してくれると思います。

たとえ釣れなくても、大海原の景色や満天の星空を眺めているだけで心が洗われるんですよね。

今回は、釣りをした事のない方に釣りの楽しさを知ってもらえればと思い書いてみました。

最後まで読んでいただきありがとうございます<m(__)m>

10月26日 泉南フロートアジングで20UP連発 釣行日 2019/10/26釣行場所 泉南エリア中潮 満潮 16時33分 干潮 22時44分天気 晴れ時々曇り 時々雨 約2か月...
釣りにセンスは必要ない 釣りをしていると、自分は全く釣れていない状況にもかかわらず、横でバンバン釣り上げる人っていますよね! そういう人を見ると、「この...
9月4日 和歌山県中紀で子イカの数釣り!夏イカもきたよ~! 釣行日 2019/9/4釣行場所 和歌山県中紀エリア中潮 満潮 9時06分 干潮 15時00分天気 晴れ 釣行2...
ABOUT ME
孤独な釣り人
1人をこよなく愛する孤独な釣り人です。 基本釣りには一人で行き、一人で楽しんでいます。 自分が良いと感じたものを紹介したり、語ったりするスタンスです。