釣行記

5月1日 広島メバリング釣行 春爆

釣りに行った時の状況を忘れないように書いておくことにします。

  • 釣行日 2019/5/1
  • 釣行場所 広島
  • 中潮 満潮21時30分 干潮3時43分(5/2)干満差 197㎝
  • 天気 晴れ 最高気温20.9度
  • 風速 1m程度



GWで帰省したので、ここ2年くらい通っている場所へ行って来ました。

釣りがしたくてしたくて仕方ないので夕方から釣り開始!

波止からのキス釣り

まずは、波止からの投げ釣りでキスを狙います。この場所は所々シモリが点在しているものの、ほぼ砂地の場所なのでいればすぐにキスが釣れます。

さて、今年の調子はどうなのか・・・エギングロッドに丸おもり5号、2本針に青虫を付けて開会宣言を済ませ、ぶん投げます。すると、ブルブルッというキス特有のアタリが!

エギングロッドにPEラインなのでキスでもかなり引きます。

釣れた~^^

この後も、シモリを避けながら釣るとブルブルッとアタリがあります。

ただ、去年と比べて数があまり釣れません。漁師さんに話を聞くと、「今年は海水温がまだ低いからキスの活性が低いで~」とのこと。結局16時から2時間でキス10匹くらいの釣果。

私
さて、次はアジ釣るぞ~ 
 

ということで、常夜灯の効いている漁港に移動します。

常夜灯下でのアジング

ここは、去年の10月頃にアジが爆釣した実績ポイント。ただ、サイズは20㎝~22㎝までしか釣れなかったんだよな。

去年も満潮前後が良かったので、その頃に釣れると信じてジグヘッド1gに信頼と実績のアジマストのクリアカラーを付けて投入!潮が上がるまではゆったりと時間だけが流れていきます。

海に向かってキャストしているだけなのに、不思議と疲れが取れていきます。これが趣味の力。

やっと最近、ジグヘッド単体での釣りが出来るようになった私です。

ロッドをアジング用の軽い物にしてから、ジグヘッドの重みを感じれるようになり、ロッドってやっぱり大事なんじゃな~と痛感しています。

ジグ単の釣りが難しすぎるんで専用アジングロッドを買った 一番最初にメバリングをやった時の感想がこれでした。 ジグ単の釣り難しすぎますよ監督・・・。 メバリング・アジング初...

ある程度潮も満ちてきた頃、投げて3~5回チョンチョンとアクションして5秒フォールさせる、というのを繰り返していると、フォール中にコッ!というアジ特有のアタリが!

すかさず合わせるとゆるめに設定したドラグがジジジーッと出ていきます。あ~楽し。

少し抵抗しながら上がって来たのは22㎝くらいのアジ。このくらいのアジでもジグ単だと結構引いてくれるから楽しい~!

その後は沈黙の時間があったりもしましたが、満潮前にアタリが集中し、10匹ほどのアジが釣れました^^ 後半はフォール3秒らいで中~上層付近での反応が良かったです。

シャローエリアでメバリング

次は2年前に20~23センチくらいのメバルが爆釣した波止へ移動します(その時は延べ竿探り釣り)ちなみにその時は何故かアジもいて、しかもサイズが24~30センチと文句無しでした。

But!!去年は全然だめだったとこなんですが、おいしい思いをした所は忘れられないのが人間というもの。

ここは外海から潮が流れ込んでくる湾のようになっているポイントで、砂地にシモリが点在しているような場所。水心は浅くて3~5メートル程度。

恐らく春のシャローエリアに差してくるようなメバルが入ってくるようなポイントだと思います。

まずは同じくジグヘッド1gに、34のタープル夜光アミパターンを付けて投入します。すると、2投目くらいでゴッというアタリが!反射的に合わせるとギューンとなかなかの締め込み!これはでかそうじゃ・・・思いっきり抜き上げます。

釣れたのは、23㎝の体高のある中山きんに君でした!いや、本当にこの時期のメバルは良く引くな~!!

これは今年も爆釣か!?なんて甘い妄想をしていましたが、その後は音沙汰無し・・・。笑

まぁ、そんなもんですよね。この波止は水深のある流れの早い場所もあって、いかにもでかそうなメバルが釣れそうなんですが、まだまだ修行が足りずそんな所攻めれない><

私
攻めれるようになりたい!

と思いつつ釣れる気配がないので、移動を決断。

闇磯メバリング

満潮から3時間ほど潮も下がってきている状況で、釣れそうな所といえば・・・Googleマップで目星を付けていたあそこに行ってみよう!!

ということで、やって来たのは初めて来る磯場のポイント。

私、磯場での釣りというのは殆ど経験した事がなく、未知の場所なのであります。

目的の立ち位置まで歩きながら時々海面を照らしてみると、数メートル先までかなり海藻が生えている!めっちゃ釣れそうな雰囲気!

ワクワクメーターがゲージを超えそうになりながら目的の場所へ到着しました。

早速ジグヘッド1gにさっきと同じ夜光タープルを付けて、数メートル先に突き出た岩と、その岩周辺に生えている海藻の横をトレースするようなコースへ投げ込みます。

1投目。反応無し。

2投目。グググッと子メバルっぽいアタリが!!上げてみると15㎝くらいのメバル。

まずはメバルがいるという事で一安心。でもサイズはこんなもんなのか?

3投目。リグが丁度岩と海藻の横を通り過ぎたあたりでひったくっていくようなアタリ!!

ドラグもギューーンっと出ます!

これは間違いなく今日1や!!と思い、逃げるな逃げるな~と思いながら慎重に抜き上げます。

さっきより明らかに大きくて体高のある筋肉メバル!25はいったじゃろ~!と思いながら後でメジャーを当てると

24.5㎝!!( ;∀;)

何回測っても24.5!!クゥ~!!

なかなか25㎝の壁を越えられない><

でもこの力強い体格!かっちょええわ~^^

ほどなくして、反応が無くなったので立ち位置を変えて違う方向にキャストしてみる。

すると、またひったくるようなアタリ!!と共に、竿がぐんぐんと海に持って行かれそうになる引きの強さ!!

これはもしや!!ついに!!尺メバルか!?

そんな期待とドキドキを味わいながら魚とのやり取りを楽しむ。細いアジングロッドなのでむちゃくちゃ引きます! 頭の中には釣りごろ釣られごろの音楽が流れ始めます。

数分のやり取りの末、上がって来たのは尺メバル!ではなくスズキさんでした笑

1人ではタモも無いし上げれないので、父親を召喚し口を持って引き上げてもらいました!

54㎝あるスズキさんでした!めっちゃ楽しかった~^^

ちなみにこの時のロッドがこちら。

こんな細いロッドでも、意外と何とかなるもんなんですね~!

その後、朝マズメにメバルが爆釣。サイズは15~20センチまでですが、投げれば必ずアタリが出るくらいの活性の高さ!朝マズメパワーおそるべし。

釣果

終わってみると、クーラーはこんな感じに

メバルはリリース含め30匹くらい釣りました。メバルはただ巻きが一番釣れるって聞いてたけど、本当でした!(^^)!

いる場所に投げたら巻いてるだけでアタリがある。場所が最重要ということですな。

釣ったメバルはこんな感じで姿造りに^^ 美味~~~!!

にしても、2年前の爆釣は本当に何だったのか? たまたま一番いいタイミングで行っただけだったのか、魚が沸いてる年だったのかな。

何はともあれ、久しぶりにたくさん釣れて満足な釣行となりました^^


1月2日 生名島・佐島・弓削島メバリング&アジング釣行 釣行日 2020/1/2釣行場所 生名島・佐島・弓削島潮 小潮 満潮 15時32分 干潮 22時04分 天気 晴れ お...
アジング・メバリング超思考法を読めば新境地へいける。 タイトルからして面白そうだったので、こんな本を買ってみました。 (function(b,c,f,g,a,d,e){b.Mos...
ABOUT ME
孤独な釣り人
1人をこよなく愛する孤独な釣り人です。 基本釣りには一人で行き、一人で楽しんでいます。 自分が良いと感じたものを紹介したり、語ったりするスタンスです。