ルアー系

グラスミノーSはデカメバルが釣れやすい!?

メバリングでよく釣れると評判のグラスミノーSですが、実際のところどうなのか?

本当に釣れるのか?

ってことで、3月初旬にじっくりと使用してきました!

結論から言うと、シャッドテールワームにしてはスレにくくよく釣れました!

しかも、釣れるサイズも20㎝オーバーが殆どと良型揃いだったので即1軍ワームに昇格しました。

ということで、グラスミノーSでメバリングをした使用感を書いていきたいと思います!

シャッドテールワーム

グラスミノーは小魚の形を模したシャッドテールワームになっていて、水流を受けるとテール部分がぷりぷりと泳ぎます。

この時に発生する波動が魚へのアピール力になっているようで、岩陰に潜むメバルを引き出しやすいように感じました。

特に、砂浜サーフやゴロタ場で遠投して沖の沈み根を探った時に好釣果が出やすかったです。

上から見るとこんな感じです↓

なんだかツチノコみたいな形をしていますね。

後ろから見るとこんな感じ↓

同じシャッドテールワームといえば有名なビームフィッシュがありますが、ビームフィッシュとの違いは「硬さとテールの動き方」です。

ビームフィッシュはワーム全体が硬めでテールが水流を受けてプリプリ動くことはないですが、グラスミノーはテールへの繋ぎ部分が細くなっているため、水流を受けるとプリプリと動きます。

どちらがアピール力が強いのかは分かりませんが、遠投して表層を探るフロートゲームではグラスミノーSの方が個人的には釣れやすいと感じています。

使える場面

グラスミノーSはメバルの居る場所ならどこでも釣れましたが、特によく釣れたシチュエーションとしては、

砂浜サーフやゴロタ場でのフロートゲームで、沖に点在する沈み根や海草周りを丁寧に狙うとメバルが飛び出してきました。

岩陰や海草に隠れているメバルにとっては、目の前を通る小魚につい食らいついてしまう感じでしょうか。

ストラクチャー(障害物)に依存しているメバルの胃袋にはナミノハナなどの小魚系が入っていることが少なくないので、シャッドテール系は効果的なのかもしれません。

釣り方としてはただ巻きで狙いのコースを通し、反応が無ければ超スローリトリーブにしてみたり、岩陰で一旦止めみて再度巻き始めた時に食ってくることもありました。

デカメバルが釣れやすい!?

3日間がっつりとグラスミノーSを使用した率直な感想は、デカメバル釣れやすいんじゃね!?

ということです!

釣り場は淡路島だったのですが、初日にいきなり28.5㎝の大型が釣れ、次の日に26㎝のメバルが釣れました。

そして、3日間で釣れたサイズの平均は22㎝オーバーでした。

ワームサイズが大きいとデカメバルが食ってきやすいのはビームフィッシュを使用し始めた時から感じていたことですが、やはりその傾向はあるようです。

もちろん、15㎝以下の小メバルが食ってくることもありますが、数は小さいワームを使用した時と比較して圧倒的に少ないです。

また、シャッドテールワームとしては今のところスレにくいイメージがあります。

同じ場所にキャストし、同じコースを通して3投連続でメバルが釣れたので、あまりスレを気にせず使い続けれる気楽さがありますね。

フグに千切られても釣れる

グラスミノーの嬉しいところは、フグに千切られても釣れるところです。

先日フロートで釣っていた時の話ですが、「ググッ」というフグ独特のアタリを感知した後、無視して釣り続けていると「コンッ」というアタリがありメバルが釣れたんですね!

その後、釣り上げてワームを見てみると、テール部分が嚙み切られて失われた状態になっていました。

メバリングをしているとフグにワームが千切られてストレスが溜まることはけっこう多いので、万が一千切られてもそのまま釣り続けれるというのは有難いです。

コスパ抜群

グラスミノーは12個入りと個数が多めなことに加えて、ワームの持ちが非常に良いです。

前述したようにフグに千切られることもありますが、基本的には千切られにくい素材なのでワーム1つでメバル5~8匹は釣れる持ちの良さがあります。

値段は600円程度と安くはありませんが、総合的に見るとコスパ抜群と言えます!

SSとSはどっちが釣れる?

メバリングによく使われるグラスミノーのサイズは「SS」が多いと思いますが、今回「S」を使用してみた結果、デカメバル狙いならSの方が釣れるのではないかと感じました!

逆に数釣りが目的なら「SS」の方が大小様々なサイズのメバルが釣れやすいのではないかと予想します。

おすすめカラー

グラスミノーSのおすすめカラーは「生シラスブラックFLK(夜光)です。

闇場所でのフロートメバリングで大活躍してくれました。

他のカラーでは・・・と言いたいところですが、今のところこのカラーしか使用していないので他が分かりません(;’∀’)

ただ、日ごろから凄腕アングラーのブログなどをチェックしている私調べでは、シラスカラーはメバリングにおいて鉄板カラーのようです!

いずれにしても、春のメバルシーズンに激推しなワームであることは間違いありません!

それでは、良いフィッシングライフを(^O^)/

メタボブリリアント1.5インチはアミパターンのメバルに有効なワーム! 今年から使い始めたワーム「メタボブリリアント1.5インチ」でメバルがよく釣れるので、おすすめのカラーや釣り方などをご紹介していきたいと...
月下美人のビームフィッシュがメバルに超効果的だった ようやく切り札的ワームに出会えた気がします。 そのワームは、月下美人のビームフィッシュです! もはや有名すぎて、今更!?と...
34タープル1.6インチはメバルもよく釣れる! メバリングで使用するワームって種類が多すぎて選択に迷いますよね! メーカーが違うだけで殆ど同じような形も多いし・・・。 ...

ABOUT ME
孤独な釣り人
1人をこよなく愛する孤独な釣り人です。 基本釣りには一人で行き、一人で楽しんでいます。 自分が良いと感じたものを紹介したり、語ったりするスタンスです。