ロッド

20月下美人83M-Tのインプレ!磯メバルに適したロッド!

20月下美人メバルモデルの83M-Tでがっつりフロートメバリングをしてきたのでインプレしていきます。

私はいつもフロートメバリングには月下美人アジングモデルの80ML-Tを使用しているので、両者の違いやどちらがおすすめかなども詳しく書いていきたいと思います!

先に結論から言いますと、海草の繁茂した磯場で25㎝以上の大型メバルを釣るなら83M-Tがロッドパワーがあるのでおすすめです!

20月下美人メバル83M-T

磯で使えるウェーダー!リバレイ RBB3Dタイドウォーカーでメバリング 少しでも近い距離でメバルを釣りたくてウェーダーを購入しました! 以前からサーフなどでのウェーディングメバルに興味はあったのですが...

スペック

  20月下美人83M-T
全長 2.51m
継数 2本
仕舞 129cm
自重 86g
ルアー適合重量 2~15g
適合ライン(PE) 0.15~0.6号
価格 Amazonで約12000円

20月下美人83M-Tは月下美人のエントリークラスのメバルモデルとなっており、Amazon等で約12000円で購入可能です。

ただ、エントリークラスといえども、自重は86gと100gを切る軽量ロッドなので長時間釣行でも腕が疲れにくいです。

対象魚種は主にメバルやアジですね。

2.51mという長さを活かし、10g程度のフロートを付けて遠投して沖のメバルやアジを狙ったり、キャロライナリグなどの重めの仕掛けも使用することができます。

ロッドにある程度のパワーがあり、チューブラーティップで感度も高いためキスのちょい投げにも使用できます。

やろうと思えば2.5号程度のエギを使用したライトエギングもできますね。

このような感じで、幅広い魚種が狙えるオールラウンダーなロッドとなります!

デザイン

デザインは黒ベースとなっており、リールシートからグリップエンドにかけて赤い配色が施されています

下の画像は同じ20月下美人のアジングモデルとメバリングモデルを並べたものですが、アジングモデルはグリップエンドが黒色になっている(左)のに対し、メバリングロッドは赤色になっています(右)

特別派手というわけでもなく、普通にカッコ良いデザインだと思います。

ティップは高感度チューブラー

20月下美人83M-Tのティップ(穂先)はチューブラーティップとなっているため、高感度で遠投先のメバルのアタリが分かりやすいです。

50m沖のメバルの吸い込むアタリでも、「ゴンッ!とか、コッ!」という感じで伝わってきます。

チューブラーティップがなぜ感度が良いかというと、中が空洞になっているため、衝撃が手元に伝わりやすいからです。

いつかのレオパレスの隣の部屋の音丸聞こえ問題も(今の新築はそんなことはないようです)、中が空洞になっているから音を伝えやすかったのではないかと思います。

そんなわけで、隣人の物音が聞こえるのは嫌だけどメバルのアタリはしっかりと感知したい!という人にもおすすめできるロッドですね!

飛距離が出る!

月下美人の中では一番長さのある2.51mのロングロッドです。

さらに、バットパワーがありしっかりと振り抜くことができるため、10gのフロートを付けて目測ですが50m近く飛距離が出ています。

それくらいの飛距離があれば、海草の繁茂した遠浅のポイントでも広範囲を攻めることができます。

メバリングにおいて十分な飛距離ということですね!

ちなみに月下美人アジング80ML-Tと比較すると、83M-Tの方がロッドの長さとバットパワーが上回っているからか少し飛距離が出やすいと感じました。

メバルを楽に寄せることができる

実釣では18~26.5㎝までのメバルを釣り上げましたが、最初に感じたのはメバルが楽に寄せてこれる!ということです!

私がいつもフロートメバリングで使用しているロッドは月下美人アジング80ML‐Tなのですが、83M-Tはさすがメバル用に作られているとあって、バットパワーが違いました!

いつも25㎝クラスを掛けるとグイグイ下へ潜られるのですが、83M-Tはロッドを立てて巻いているだけでメバルの動きを抑制してくれる感じなんです。

バットパワーってこんなに影響するんだな~と驚きました!

ただ、バットにしなやかさはないため、ロッドが綺麗な弧を描いてメバルの引きを最大限楽しめるという感じではないかな、という印象はあります。

その点においては、月下美人アジング80ML-Tの方がメバルを掛けた後のやり取り、ヒヤヒヤ感は楽しめると思いました!

20月下美人アジング80ML‐Tはフロートメバリングにも使えるロッド! 20月下美人アジング80ML‐Tを使用してメバルとアジを釣ってきたので、その使用感を書いていきたいと思います! このロッドは遠投...

大型メバルの数釣りに適したロッド!

結論ですが、月下美人83M-Tは磯場での大型メバルの数釣りに適したロッドだと感じます!

その理由は、25㎝以上の大型メバルを掛けた後でも楽に寄せてくることができるので、大型メバルが潜むポイントでも手返しよく釣れて数が伸ばせるからです。

特に海草の繁茂した磯場ではメバルに根に潜られないように浮かせるだけのバットパワーがあった方が良いですし、掛けたメバルを早く回収できればどんどん数を伸ばすことができます。

そんなヒヤヒヤするポイントでも安心して釣りに臨めるロッドであると言えますね!

月下美人メバルモデル83M-T

月下美人アジング80ML-Tとどちらがおすすめ?

アジングモデルの80ML-Tメバリングモデルの83M-Tで悩んでいる方もいらっしゃるかと思いますので、実際に使用して感じた違いを書いていきます!

まず結論から言いますと、どちらのロッドでもフロートアジング・メバリング両方楽しむことができますが、

25㎝以上の大型メバルを専門で狙うなら83M-Tがイチオシです。

アジとメバルを程よく両方とも楽しみたいなら80ML-Tがおすすめです。

長さが違う

スペックの違いで言うと、目立つ点では長さが違います。

80ML-Tが2.44m、83M-Tが2.51mとなっており、その差は7㎝です。

僅か7㎝ですが、ロッドの硬さも相まって83M-Tの方が体感レベルですが、1~3m程度飛距離が出るように感じます。

その他、重量は1g違うだけなので持った時の重さは殆ど同じです。

藻場なら83M-T

海草の繁茂した藻場では、メバルを掛けた後に少しでも早く浮かせることが重要なので、バットパワーのある83M-Tがおすすめです。

もちろん、月下美人アジング80ML-Tでも大型メバルは釣れますし、実際に海草の繁茂した磯場で80ML-Tで釣っていますが、メバルを浮かせるパワーと手返しの良さではメバルモデルの83M-Tに軍配が上がります!

ですので、根に潜られずに少しでもキャッチ率を上げるなら83M-Tがイチオシですね。

引き味を楽しむなら80ML-T

月下美人アジング80ML-Tは83M-Tよりもバットが柔らかいため、パワーで寄せてくるというよりも引き味を楽しめるロッドという感じです。

私自身はこのロッドで海草の繁茂した磯場でフロートメバリングを行っていますが、ま~スリリングですw

83M-Tならすんなり寄ってくるような25㎝クラスのメバルでもグイグイ突っ込まれるので、海草に突っ込まれる不安と常に隣り合わせのメバリングとなります。

ですので、そういうヒヤヒヤ感を楽しみたいなら80ML-Tもありですが、メバリング初心者で不安な方は83M-Tの方が安心感を持って釣りに臨めると思います!

ちなみに、フロートアジングはどちらのロッドでも楽しめますよ~!

それでは、良いフィッシングライフを(^O^)/

21月下美人MXアジング510UL‐Sのインプレ!高弾性ソリッドってどうなの? 2021年9月に新発売した月下美人MXアジング510UL‐Sを購入したので、使用感をレビューしていきたいと思います! 月下美人M...
21エメラルダスMX83ML購入!使用感と17エメラルダスMXとの違い 21エメラルダスMX83MLを購入しました! 21エメラルダスMXの種類には、春~秋にオールラウンドで使用できるロッドパワーのあ...
21カルディアLT2500S‐XHのインプレ!フロートアジング・メバリングにおすすめ 21カルディアLT2500S‐XHでがっつりフロートゲームを行ってきたので、使用感や気づいた点などを書いていきたいと思います! ...

ABOUT ME
孤独な釣り人
1人をこよなく愛する孤独な釣り人です。 基本釣りには一人で行き、一人で楽しんでいます。 自分が良いと感じたものを紹介したり、語ったりするスタンスです。