メバリング

フロートリグ+プラグで沖の良型メバルを引きずり出す!

先日淡路島へメバリングに行ってきたのですが、新しい釣り方をしてきたのでレポートとして書いておこうと思います!

新しい釣り方!ドヤと言っても、すでにやっている方はたくさんいらっしゃると思うのであくまで個人的には初めてやったという程度のやつです。

その釣り方とは、フロートリグにワームではなくプラグを結び付けるフロートプラッギングです!

実は以前から気にはなっていたのですが、ライントラブルが多そうで敬遠していたんですね。

ただ、実際にやってみると意外とライントラブルが少なく、しかもワームに反応がなかったメバルが釣れるのでおすすめです!

ということで、フロートメバルプラッギングのメリットやデメリットを書いていきたいと思います!

フロートメバリングで狙うべきポイントや必要なロッド【タックル】 フロートメバリングとは、フロートと呼ばれる「10g程度のウキ」を使用し遠投することで沖のメバルを狙い打つことができる釣り方のことです。...

メリット①沖の藻場攻略に使える

1つ目のメリットはフルキャスト先の藻場をスローに狙えることです!

プラグの場合、SPM75なんかの7gある大型プラグでもフルキャストして30mくらいが限界ではないかと思います。

しかも、それくらい飛ばせたとしても沈んでいくプラグを海草に絡まないようにスローに引いてくるのは至難の業!というかほぼ無理ですよね。

じゃあシャローマジックなんかの表層を引きやすいプラグで攻略すればいいじゃないか!と考えるのですが、それだと次は飛距離が足りなくなります・・・。

そこで使えるのがフロートと連結させるフロートプラッギングです!

10g程度のフロートでフルキャストするため、50m沖からプラグで探っていくことができます。

しかも、フロートが付いているので沈むことなくゆっくりと海草の上を通すことができてまさに一石二鳥!

あ~、あの沖の海草周りをプラグで攻めたいのに・・・」と今まで下唇を嚙みしめて諦めていた状況から脱出できます。

メリット②良型が狙える

2つ目のメリットは良型が狙えるということです!

サイズの大きいプラグだと大きいメバルが食ってきやすいというのはよく言われていることですが、実際に使用してみた結果、

ワームの後にプラグを使用することでサイズアップできました!

その時の状況ですが、メタボブリリアント1.5インチという小さめのワームでメバルを10匹以上釣った後に大きめのプラグ(シャローマジック60)を投入したら26.5㎝のメバルが釣れました↓

たまたま大きいのが居ただけかもしれませんが、ワームには食ってこなかったデカメバルに出会える可能性を上げるためにプラグを使用するのはアリだと感じましたね!

メリット③追加の1匹が欲しい時に使える

3つ目のメリットは追加の1匹が欲しい時に使えるということです!

すでにワームをローテーションさせながら探り切ったという状況の時、最後の引き出しとしてプラグを使用することで1匹追加できる可能性があります。

常夜灯下のメバルプラッギングでは、ワームに反応しなかったメバルが釣れるというのはよくあることですが、それと同じことが闇磯や闇サーフ・ゴロタなどの闇場所でも起りえます

ですので、追加の1匹が欲しい時はプラグを投入することで釣れるはずのなかったメバルに出会える確率が高くなります!

メリット④気分転換になる

これはモチベーションの問題ですが、ずっと同じワームや同じ釣り方をしていると人間飽きてくるものだと思います。

例えば同じワームでメバルが爆釣している状況だと、ずっと同じ釣り方なのでマンネリ化してきてしまって作業化してしまうことがあります。

そうなると、数は釣れるのですが楽しいか?と聞かれると刺激が足りなかったりします。

そこでプラグを投入することで、良い気分転換になり再度釣りへの集中力が高まることがあります!

ですので、気分転換にプラグを使用してみるのおすすめです!

デメリットはライントラブルが起きやすいこと

ここまで書いてみると、プラグを使用するメリットが思いのほか多いなと感じたのですが、デメリットもあります!

それは、ライントラブルが起きやすいことです!

やはり、プラグはトレブルフックが2か所に付いていることもあり、通常のシングルフックよりも本線に絡まりやすかったりと、ライントラブルが増える傾向にあります。

ただ、先日の釣行では20回以上キャストして1度もライントラブルは起きなかったので、使用する状況によるのかもしれないと思いました。

ではどんな状況でライントラブルが起きやすいのかというと、「風がある時」は起きやすいと思います。

特に横風の場合は、ワームを使用していてもキャスト時に風に煽られて空中で仕掛けが絡まりやすいです。

ですので、風のある時はフロートプラッギングはおすすめできません。

おすすめのプラグはシャローマジック

フロートプラッギングにおすすめのプラグはAqua Waveのシャローマジックです!

というより、まだこれしか使っていないので他が分かりません(;’∀’)

ただ、シャローマジックは元々シャローエリア(浅い場所)を攻略するために作られたプラグなので、沈みにくく沖の藻場攻略にも適しています

ですので、フロートとの相性も◎です!

シャローマジックのサイズには50と60がありますが、私は60のカラーはライムチャートを使用することが多いです。

シャローマジック60ライムチャート

60サイズを使用している理由は、購入時点からある程度強いフックが使用されているため、藻場でゴリ巻きしてもフックが曲がりにくくメバルがバレにくいからです。

50サイズを藻場で使用する場合はフックを強度のあるものに変えた方がいいかもしれません。

また、釣り方に関しては通常のプラッギングの時と同じで、キャスト後にリールを2~3秒に1回転でただ巻きするだけで釣れます!

それでは、良いフィッシングライフを(^O^)/

リッジ35Fの場面別の使い方!メバルのアミパターンに超有効なルアー どうも!メバルを愛しているが愛されてはいない者です! 先日、2日間みっちりとリッジ35Fを使用してメバルプラッギングをしてきたの...
月下美人のビームフィッシュがメバルに超効果的だった ようやく切り札的ワームに出会えた気がします。 そのワームは、月下美人のビームフィッシュです! もはや有名すぎて、今更!?と...
メタボブリリアント1.5インチはアミパターンのメバルに有効なワーム! 今年から使い始めたワーム「メタボブリリアント1.5インチ」でメバルがよく釣れるので、おすすめのカラーや釣り方などをご紹介していきたいと...

ABOUT ME
孤独な釣り人
1人をこよなく愛する孤独な釣り人です。 基本釣りには一人で行き、一人で楽しんでいます。 自分が良いと感じたものを紹介したり、語ったりするスタンスです。