メバリング

34タープル1.6インチはメバルもよく釣れる!

メバリングで使用するワームって種類が多すぎて選択に迷いますよね!

メーカーが違うだけで殆ど同じような形も多いし・・・。

私自身、よく分からなかった最初は、なるべく餌に近い活アジストレートなどのワームを選んでいたんですが、釣っているうちに普通のワームでも良く釣れることが分かりました。

ということで今回は、個人的にメバルに実績のあるワームの中から、34タープル1.6インチを活躍する場面別に紹介していきたいと思います!

結論から言いますと、34タープルはメバルだけでなくアジもよく釣れるので、1つはカバンに忍ばせておきたいワームです。

メバルの吸い込みが良い

34タープル1.6インチはファッドな形で素材も柔らかく、サイズが小さいためメバルの吸い込みが非常に良いです。

大きめのストレート系ワームだと喉奥まで飲み込むことはあまり無いように感じますが、タープルは喉奥まで吸い込んでくれることも多いです。

これは、素材の柔らかさとサイズ感の恩恵だと感じます。

ですので、釣り方としてはメバルのアタリがあった場合、ひと呼吸おいてメバルがしっかりと吸いこんだタイミングで合わせるようなイメージです。

こうすることで喉奥まで吸い込んでくれる場合も多く、針掛がかりが非常に良くバラすことが少ないです。

また、ワームの形状に関してですが、数ミリごとにスリットが入っているため、水の抵抗を受けやすくワームが小さい割には操作性も良好です。

なので、軽いジグヘッドでも扱いやすいですね!

アミパターン以外でも釣れる

よく釣具屋でワームを見ていると、アミパターンに強い!など書いてあったりしますが、まさに34タープルはアミパターンに効果的なワームだと感じます。

※アミパターンのアミとは、メバルが1年のうち殆どそれを食べているというくらい大体メバルの胃袋に入っている、小さいエビのようなプランクトンのことです。

アミを捕食しているメバルには、1g以下の軽量ジグヘッドで水面直下をスローにただ巻きしていると食ってくることも多いです。

しかし、それ以外のボラの稚魚を捕食している時期や、バチを捕食している時期でも問題なく釣れます。

なので、捕食対象に関係なく使えるワームといえます!

ただ、特に有効な場面も存在すると感じるので、それについては次の項で書いていきたいと思います!

よく釣れる場所と釣り方

34タープルは幅広い場面で使えるワームです。

今までタープルでメバルを釣り上げた場所ですが、

  • シャローエリア(浅場)
  • 闇磯
  • 流れのある堤防

主に以上の3つがあります。

この中でも特におすすめなのが、流れのある堤防です。

ポイントは堤防の先端でも曲がり角でも良いのですが、流れがあることが重要です。

潮の流れがあり、堤防に当たって反転流ができている場所へタープルをキャストし、表層を潮に同調させながら流しているとメバルが吸い込んでくれます

この釣り方は、メバリングにおいてはポピュラーかと思いますが、34タープルだとメバルが吸い込みやすい、

言い換えると食べやすい素材とサイズ感なので、流れてきたアミ類だと思ってパクっと吸い込んでくれます!

この他にも、シャローエリア(浅い場所)や闇磯でも実績があります。

こういった場所ではただ巻きで釣ることが多いですね!

タープルで釣れたメバルのサイズは25㎝までと幅広いので、サイズが小さいワームだから小メバルばかりということはありません。

ちなみに私個人としては、どんな場所でも釣れるワームではありますが、常夜灯のある場所では実績がないので分かりません。

個人的には常夜灯のある場所はプラグに軍配があるように感じます。

常夜灯下で良型メバルを釣るならプラグ1点勝負!? 常夜灯下の良型メバルってなかなか釣れないと思いませんか? 私自身は、常夜灯下は人気ポイントで人が多い割に、たいして良いサイズのメ...

デメリットもある

タープルはアジだけでなくメバルもよく釣れるワームですが、デメリットもあります。

それは、素材が柔らかいため、メバルを10匹も釣ると千切れる箇所が出てくることです。

朝マズメなど、メバルが連発しているタイミングで千切れてくると、ワームチェンジに時間がかかったりして、貴重なゴールデンタイムを手返し良く釣れない場合があります。

これは、1分1秒を争うアングラーにとって見過ごせないデメリットかと思います。

この場合の対処法としては、マズメ前には新品のワームに変えておく、ワームを接着剤で固定しておくなどが考えられると思います。

アタリが多いと千切れなくてもズレることが多いので(;’∀’)

ただ、マズメ時に特に力を発揮してくれるワームでもあるので、デメリット以上に使う価値はあると個人的には思っています!

そして、特にマズメに効果的と感じているのは「こうはく」ですね↓

夜も釣れますが、特に朝マズメのローライト時に威力を発揮してくれると感じています!

まとめ

34タープル1.6インチについて書いてきましたが、このワームは色んな場面でオールマイティに使えるので、重宝しています。

どちらかというとアジ用のワームという印象ですが、メバルもよく釣れるので、一度手に取ってみてはいかがでしょうか?

アジング用ジグヘッドのアジスタでメバルは釣れる? メバリングに使用するジグヘッドって種類豊富で選択に迷いますが、私はティクトから出ているアジスタを使用しています。 その理由は、ア...
月下美人MXアジング510uls-sはメバリングにも使える! こんにちは!近所の公園でロッドを振り回している変態です! 今日は、DAIWAは月下美人MXアジング510uls-sについて、約1...

それでは、よいフィッシングライフを(^O^)/

ABOUT ME
孤独な釣り人
1人をこよなく愛する孤独な釣り人です。 基本釣りには一人で行き、一人で楽しんでいます。 自分が良いと感じたものを紹介したり、語ったりするスタンスです。